あの目元のくま撃退!アヤナス/アイクリームの実体験口コミ!

年齢とともに増えてくる目元のくまの深刻な悩み...しかし、見た目年齢-10歳を実現し、目元の様々な悩みを撃退すると話題のアヤナス/アイクリームを実体験で口コミ!
MENU

なんだか老け顔に見えちゃうその原因は「黒クマ」!アイクリームで解消し、劇的な若返りを実現!

「なんだか最近すっかり老け顔が印象についてる感じがする…」こんな実感をお持ちの女性も多いのではないでしょうか。
これ加齢などにより目の周りの筋肉がゆるむと、下まぶたの奥にある脂肪(眼窩脂肪)がせり出し、それがたるみとなって影ができます。これがいわゆる老け顔に見える原因「黒くま」です。この記事では主に黒くまの解消法についてご紹介します。

 

憎き黒クマの原因は?

目の下にうっすら浮かぶ黒いクマ。この黒クマは、まぶたの下のたるみが原因で起こります。たるみやシワが目元に影をつくりそれがクマのように見えてしまうのです。上から部屋の明かりや太陽光などの光が当たった時に、さらにクマが目立って浮きだってしまうのが黒クマの嫌な特徴です。
たるみ自体は主に加齢が原因。老化によって目の周辺の筋肉が衰え、脂肪がたまって下がることによって目の下のたるみができます。水分を保持するヒアルロン酸やコラーゲンが年齢とともに減少し、弾力がなくなることが大きな原因となります。

最近ではスマホの見過ぎや、仕事柄パソコンを長時間使用する方が増えていますが、これもたるみの原因となります。画面に集中してまばたきの回数が減ると、目の周囲の筋肉が衰えて目の下にたるみができてしまうのです。
他にも、目が大きい方や頬骨が張っている人はたるみができやすいと言われている他、ええ!?っと思うかもしれませんが、急激なダイエットなどで目の下の皮が垂れ下がり黒クマとなることもあります。

 

老け顔の原因!憎き黒クマの解消法!

黒クマを解消するためには、原因となっている目の下のたるみを解消する必要があります。
セルフケアで出来ることとしては、まず目元の保湿が重要です。目元が乾燥すると小じわが増えたるみが悪化し、さらに黒クマが目立ってしまいますので、保湿成分が配合された基礎化粧品で肌表面から肌のハリや弾力を保つよう心がけましょう。
またこの時に注意が必要なのが、目元の皮膚は特に顔のパーツの中でも敏感なこと。保湿といえども刺激が強いものは慎重に使用することを心がけましょう。
そして、外側からのケアと同時に、実践したいのが内側(インナー)からの保湿です。

 

カラダの内側(インナー)から綺麗にする食べ物
 

 

筋肉や内臓、血など全身の組織を作るタンパク質

 

ニンジンやカボチャなど色の濃い緑黄色野菜に多く含まれるビタミンA

 

きのこ類、海藻類、豚肉に多く含まれるビタミンB群(皮膚の働きを正常にする)

 

乳製品や魚、海藻類に含まれる亜鉛・マグネシウムなどのミネラル成分(肌の新陳代謝を促す)

 

野菜や果物ビタミンC、植物油、ナッツ類、うなぎなどに含まれるビタミンE(ホルモンを生成する)

このようにターンオーバーを促すためにバランスの良い食生活が非常に大切です。

 

目の周りのむくみを解消&血行促進
むくみがあると、下垂しやすくなるので、リンパの流れをスムーズにして老廃物を流すようにすることで、むくみを解消します。目の周りがむくみにより黒くまが目立っている場合が多々あります。なので、目の周りの血行を促し、むくみを解消しましょう。
むくみ解消にはマッサージが効果的です。その他、蒸しタオルを目に当てて温めるのも血行促進には効果的です。また食事でも塩分を取りすぎると、身体は水分を蓄えようとしてしまい、むくみとなってしまいます。
塩分過多は血液の循環を悪くするので、皮膚の上から見た血管が青っぽくなってしまうので気をつけたいところです。

 

表情筋を鍛える
顔のたるみは「筋肉の張力の低下」によって、皮膚が支えきれなくなり、たるみが起こります。加齢にともない、腕や脚の筋肉が衰えるように、私たちの顔にある筋肉である「表情筋」も衰えるのです。
表情筋の中にもほおを引き締める頬筋(きょうきん)、目の周りの眼輪筋、額の前頭筋などがありますが、目をギュッと閉じて5秒間キープしたのち、目を大きく開いて5秒間キープ、といったまぶたの動きを5回ほど繰り返すことで目の周りの筋肉のストレッチになります。

 

目元のエイジングケアコスメでたるみを防ぐ
目元のたるみで影ができることによってできる黒くまは、目元にハリや弾力をもたせることがポイントです。コラーゲンやヒアルロン酸といった肌にハリや弾力を与える成分が配合されたアイクリームを積極的にとりいれて、たるみを防ぐことが大事になります。このたるみについては「一度たるむと、改善しにくい」場合も考えられますので、自分で気づく前に早め早めののケアが重要です。

 

黒クマを根本的に解消するためには美容外科での治療が一番!?

 

美容外科では目の下のたるみを根本解決するための「脱脂術」があります。
手術ですが、近年は切開も必要なく、ダウンタイムも少ない治療法が確立しています。また、ヒアルロン酸や脂肪を注入し、頬から目の下にかけて適度なふくらみをつくることで、黒クマを解消する方法もあります。
黒クマに悩まされている方は、一度美容外科に相談へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

憎き黒クマの予防&再発対策まとめ

黒クマの原因が加齢による目の下のたるみであることから、たるみを予防することが黒クマの予防につながります。
上述したとおり、何より日々のスキンケアが重要です!
美容成分がたっぷりと配合された化粧水や美容液のほか、バランスのとれた毎日の食生活はもちろん、食事だけでは補いきれない栄養については、サプリメントにより経口摂取してもいいでしょう。

 

食生活の中で気をつけたいのが、塩分の摂りすぎです。目の下のたるみにむくみがプラスされることによってさらに黒クマが目立つようになってしまいますが、塩分の摂りすぎはまさにむくみの原因そのものになります。冷たい飲み物の摂りすぎにも注意しましょう。

また、筋肉の衰えが目の下のたるみの原因となりますので、表情筋を鍛えるのが一番効果的でしょう。満面の笑みを作ってから口元だけ元に戻す。口を大きく開けて頬の筋肉を伸ばす。力強いウインクを何度も行う。など、テレビを見ながら、家事をしながらでも簡単に筋トレを行えますから、是非挑戦してみてください。

 


このページの先頭へ